2018/4/19 木曜日

木曜はメンテナンスデー

Filed under: 動物 — yumi-sensei @ 0:10:00

本日は自分のメンテナンスデー。

2ヶ所ハシゴで受診して、しっかり体調を整えます。

多忙な週末に備えなくちゃ!。 eiiaeoadhimage1.jpeg

 
木曜日は18時までの診療です。当日予約は、朝9時から電話で受付いたします。
通常より1時間早く閉院しますので、ご注意下さい。
今のところ、午後に若干の空きがあります。
明日の担当獣医師は緑川と横山、看護師は胡と大塚です。宜しくお願いします。

auyoiuiiuimage2.jpeg

 

oiimage1.jpeg   びろ〜〜〜ん。

心は抱っこも寝姿も、思いっきり脱力系です。

無防備な寝顔は私の宝物です。 s18933z02344.gif

ueyiyoyimage2.jpeg   最近、電子レンジの上が桜のお気に入りになりました。

降りるまでレンジが使えないので困ります(汗)。

eeeessimage2.jpeg   ルナちゃんは病院の生活にも慣れ、大きなウンチがたくさん出るようになりました。

とっても可愛いです。

2018/4/18 水曜日

ルナちゃん、里親募集開始

Filed under: 動物 — yumi-sensei @ 16:56:02

風太がガムを守っています。

胸の下に少し見えています。 oyyaimage1.jpeg

猫たちが通る度に、身体の位置を変えて隠しています(笑)。

2014061516460002.jpg  健太は自分のガムをさっさと食べてから、風太のガムを狙って来ます。おもちゃも遠慮なく横取りに来ます。

いつもは大人しい風太ですが、この時ばかりは兄の権威を主張します。あんまり迫力はないのですが・・・。

それでも一喝されると引き下がるようになったので、健太はとっても成長したと思います。049613564af0f634a8532d3283c46aaa.gif

7fc18de166cd54928012712994de8b9f.gif  日々、色々な体験をして心が成長していくのですね。

面白いですね。

 
eeaaoimage1.jpeg   昨日のブログでお伝えしたウサギのルナちゃんの件ですが、そろそろ里親探しを開始します。
ルナちゃんはホーランドロップです。避妊済みの3才半の女の子です。
大人しく何でもさせる子ではありません。頭なでなでは好きですが、それ以上のことは拒否られます(笑)。
ウサギなのでそんなものかな?と思います。徐々に仲良くなれる子です。
事故で急死した飼い主さんのためにも、ルナちゃんには幸せになって欲しいです。
ご面会、お試しお泊り、大歓迎です。 s18933z02344.gif
また質問もお気軽にどうぞ!!
最初にコンタクトを頂いた方から、ご縁を感じお渡ししたいと考えています。
2014072513120001.jpg  どうぞ、宜しくお願いします。

2018/4/17 火曜日

ウサギの里親募集

Filed under: 動物 — yumi-sensei @ 13:46:11

朝出勤したら、外にウサギが置かれていました。

「飼い主が事故死したが、わが家では飼えないのでお願いします」とだけ書かれたメモがありました。

詳細は不明です。

eeeessimage2.jpeg  一体、何時から外にいたのでしょう。明け方は冷えたのに・・・。ひと言相談して欲しかったです。

eeaaoimage1.jpeg   名前はルナちゃん(変更可)です。

体重は1・6キロで標準体型です。

ホーランドロップのブロークンオレンジ、血統書付き、H26・10・1生まれで、避妊手術済みの女の子です。

里親希望の方は、ぜひ会いに来て下さい。

病院で健康チェックの後、お渡ししたいと思います。

どうぞ、宜しくお願いします。

eiioiaeimage2.jpeg   うちのトワくん。目は開いていますが、寝ています(笑)。

最近、少し調子が上向きです  1fl0215.gif

2018/4/9 月曜日

老犬ホーム、ご紹介

Filed under: 動物 — yumi-sensei @ 18:38:50

久々に訪れた、千葉県袖ヶ浦市の老犬ホーム予定地は、想像以上に片付いていました。

ceaaeaiimage1.jpeg  家の前のお庭です。ここでイベントも開催します。

ceaeieimage2.jpeg  違う方向から家を見たところです。

ceeaeoinaiimage3.jpeg  ドックラン予定地です。330坪あり広いので思いっきり走れます。

健太を走らせてあげたいな〜。

cesseeimage1.jpeg  家の正面です。屋根には風見鶏がついていますが・・・・。

ceycyayiosseeimage2.jpeg   よ〜く見ると豚さんです。ブタ見鶏!?

ceyyyeiaaaimage2.jpeg   池もあります。うちの亀たちを泳がせたいな〜。

蛇口はカエルです。カエル好きの私は大喜びです!

汚れた水の中でタナゴが数匹泳いでいました。家主がいなくなってからも、必死で生きていたんですね。1fl0196.gif

早く池の汚れを落とし、良い環境で育ててあげたいです。

 
ceaeiimage1.jpeg  家の中も広いです。ここはドックカフェのスペースです。
反対側に診療室とお預かりのお部屋、飼い主さんの面会室などを作ります。
 
2階は担当獣医師の居住スペースです。泊り込みでお世話をしてくれます。
桜は散ってしまいましたが、他の草木がにぎやかに出迎えてくれました。
 
帰りはご当地ラーメンを食べ、直売場で新鮮な野菜を買って戻りました。
 
院長の夢が、本当に現実のものになります。
もしかしたら、私の方がワクワクしてるかも知れません。1fl1621.gif1fl1621.gif

2018/3/27 火曜日

母性愛

Filed under: 動物 — yumi-sensei @ 13:04:17

女性の獣医師さんが研修に来ています。

とっても優しい横山先生です。

直ぐにみんなと仲良くなって、スタッフルームから楽しそうな笑い声が響いていますヨ。

どうぞ、宜しくお願いします。

 
ncm_1974.JPG  当院では獣医師は無地、看護師は柄物のスクラブを着ています。

昔、院長がハワイ土産に可愛い動物柄のスクラブ(白衣)をたくさん買ってきてくれました。私には無地の地味〜〜な色のスクラブでした(怒)。

こっそり柄物を着ようとしたら院長に本気で止められ、以来獣医師は無地で看護師が柄物、という決まりが定着したようです(笑)。

 

私たちにとって、大切な鎧であるスクラブ。

身につけると、スイッチがオンになり、背筋がしゃんとするのです。

告白すると、最近太ってしまい着られなくなったスクラブが数枚あります。もったいないから痩せなくちゃ・・・。

 
acaiimage1.jpeg  身体が大きいけど、優しい大地。
caithimage2.jpeg   小さなアムのことが可愛くてしかたないようです。
caacimage3.jpeg  アムが鳴くと心配になるようです。
aaecaaaoimage1.jpeg  まるで父親のように、優しく抱き締めます。
父親のように・・・・。
そう。父親のようだったはずなのに・・・。
 
caaaianimage2.jpeg   チュパチュパ音がするので見てみたら、アムちゃんが大地のおっぱいを吸っていました!!
優しい表情の大地。いつの間にか母性に目覚めてたり・・・・しませんよね!?100yiyeu.gif

2018/3/20 火曜日

ドウェルフ

Filed under: 動物 — yumi-sensei @ 14:41:24

今月の映画デートは「ブラックパンサー」でした。

周りの人たちからの評価は半々でしたが、私たち夫婦の感想も分かれちゃいました。

私はけっこう面白かったんだけどな〜。

映画の予告編を見ると、全部観たくなっちゃいますが、 その中でも「ハン・ソロ」は確実に観ると思います。

主人も私もスターウォーズ好きなので、次回作までのつなぎに嬉しい作品ですから。 041413.gif

 
映画に登場する宇宙人や宇宙動物?はとってもユニークですよね。
よく考え付くなと思いますが、本物の動物にも変わった姿や生態の種属がたくさんいますね。
 
例えば「ドウェルフ」という種類の猫をご存知ですか?
eeoimage1.jpeg   この子がそうです。見た目、凄くないですか!?
スフィンクスという無毛の猫と、マンチカンという足の短い猫の血が入ってるのは直ぐにわかりますが、実はアメリカンカール(耳がくるんとカールした猫)もプラスされているそうですヨ。
ものすごくユニークな組み合わせで生まれた種類ですね。
まだ日本にはいないと思うのですが、「いるよ!」という方がいたら教えて下さい。
 
うちの心も変わった種類に属するのかな・・・?
eyimage2.jpeg  トイガーといいます。小さな虎、という意味ですね。

2018/3/14 水曜日

野鳥のヒナには手を出さない

Filed under: 動物 — yumi-sensei @ 13:09:59

あるタレントさんがスズメのヒナを保護し育てている様子をブログに投稿し、問題になっていますね。

法律と環境保全と情がぶつかり合い、簡単に結論は出せないでしょう。

 

私は獣医師であり、長く日本野鳥の会の特別会員になっています。野性動物や野鳥の保護活動も協力しています。

「野鳥のヒナは拾わない運動」にも参加していますが、毎年ヒナが巣立つ時期には、連日のように「ヒナを保護した」という連絡を受けています。

 
「保護」と「飼育」は違います。
どこまでが保護で、どこからが飼育か、一生懸命手をかけていると判断が難しくなりますね。
本来は一般の方が「保護」することも法律違反になります。まして「飼育」することは違法行為になってしまいます。
 
ヒナを見つけて連絡を下さるケースは多いですが、その90%は「誘拐」です。人が近づいてきた時に、多くのヒナは「フリーズ」します。小さくうずくまって動かなくなります。そのため「弱って死にそう」と勘違いされることが多いのです。
羽が生えていて出血やケガをしてなかったら、そっと元に戻して下さい。箱や巣などに入れたりせず、そのまま見つけた場所に戻して下さい。 3日以内なら親が待ってて、安全地帯に誘導します。
羽が生えてない子、怪我をしている子を見つけたら、動物病院か動物園に連絡して下さい。
 
元気になった子は、早めに放鳥します。放鳥の決断は「飛べるかどうか」が1つの基準ではないかと思います。
当院で保護している小鈴も正宗も、飛べないので放鳥を断念しましたが、飛べるようになった野鳥は元の場所に多数放鳥しています。
 
保護するためには知識と設備と人手も必要です。
鳥は種類が多く、肉食・雑食・草食・海草食など様々です。とりあえず「小鳥の餌」を与えておけば良い、というものではありません。
小鳥屋さんに聞いたりネットで調べて育ててきたけれど、徐々に足が曲がり羽がボロボロになってしまい、重度の栄養障害を起こして来院する子も少なくありません。
親がいない子は、ご飯探しのトレーニングが必要ですし、渡り鳥には一緒に飛ぶ仲間も必要です。
 
タレントさんの場合、最初から保護が必要だった子か微妙ですが、あそこまで人に慣れてしまうと放鳥しても人を頼って近づいてしまうのではないかと心配です。
あの子はこれからどうなるんだろう。どうすればいいんだろう。
ご意見がある方は、ぜひメールを下さい。
 
ホワイトデーですね。
院長が恥ずかしそうにスタッフたちにお返しを配っていました(笑)。
今夜はセミナーです。お疲れ様!

HTML convert time: 0.228 sec. Powered by WordPress ME