2017/10/14 土曜日

開業記念日 36年目へスタート

Filed under: 動物 — yumi-sensei @ 0:17:50

ホームページのスタッフ紹介ページに、私の紹介文が載りました。

「恥ずかしいからやだ〜!!」

と反対したのに、「初診の人や遠くから来る患者さんが増えてるから、担当医がどんな人なのか、どこで勉強してどんな治療が出来るのか、少しでも知った方が安心じゃない?」と言われました。

でも、生年月日まで必要〜? ま、いいか。

そんな訳で、恥ずかしながら丸ごとの自分を公開しております(笑)。

 
そして、本日は「わたりだ動物病院」のお誕生日。開業記念日です。
200903010850001.jpg  日々学び、努力を重ね、35年が経ちました。

まったく広告宣伝が出来なかったのに、開院当日から本日まで、雪の日も嵐の日も患者さんが通って下さいました。

 

開業まで勤務医をしていた病院の院長が、「開業当初は暇だし、手術も多くないし、厄介な病気も来ないから緊張しなくても大丈夫だよ」と応援してくれました。

でも、開院初日からいきなり、「他院で手術を繰り返している犬の尿道結石」と「高齢猫の唾液腺腫瘍」 という難易度の高い症例の子がやって来ました。

翌日は、「フィラリアの急性症」で倒れた犬と、「高齢猫の初産で帝王切開」でした。

勤務医時代でもめったに診られない症例が続き、むちゃくちゃ勉強させてもらいました。心配で眠れない夜が続きました。

当時は器械も薬も、獣医師としての技術も、日本は全然遅れていて、その時に出来る最大級の努力で対応するしかありませんでした。

心も技術も鍛えて頂きました。獣医師としての引き出しも増えました。

今でも、その時の飼い主さん方と仲良くさせて頂いてます。

 

器械も薬も進化しました。

でも、それに頼り過ぎないマンパワーやハートも重要です。
優しく確実な治療。いつの時代も、それが小さい命には必要だと思っています。
 
お陰様で、明日から36年目が始まります。
有難うございます!!

2017/10/9 月曜日

めだかLOVE

Filed under: 動物 — yumi-sensei @ 0:06:00

「自然が欲しい。草を入れて酸素作って、その中でメダカが泳いでいるような、小さな自然が欲しいな。」

主人がつぶやきました。

疲れてるのかな・・・。

ちょっと心配になったので、さっそくプレゼントしてみました。

aaimage1.jpeg  かなり小さな自然になっちゃったけど、準備時間がなくて、ここまでが精一杯でした。

帰宅して、マジマジ見て・・・。

「・・・・。」

感想なし!?

でも、ちょいちょい見てるので、気に入らなかったわけでもない様子。

しばらくして、「今度はもっと大きいのにしよう」ですって(笑)。

メダカ3匹じゃ、寂しかったのね。

はいはい、家族が増えるのは大歓迎デスヨ。  dp_01_03_001.gif

 
iimage1.JPG   もうすぐ虎太朗の命日です。
この写真、診察室のPCの壁紙にしています。

2017/9/26 火曜日

パンダまみれ

Filed under: 動物 — yumi-sensei @ 12:58:04

noaoaimage1.JPG  食事中の方、ゴメンナサイ。

四川の研修最終日は、こんなウンチをする動物と会って来ました。

8770997.gif  そう、パンダです!!。

パンダの繁殖や保護をしている施設を見学しましたヨ。

 

中国でもたった3つの省にしか生息していない、希少な国際保護動物のパンダ。

その生息地の1つが四川省です。

 
長年の夢が叶い、いざ!パンダに会いに来ましたよ〜。ynyoyaeyiimage1.JPG
ここには、親25匹、子供25匹のパンダが保護されてるんですって。
1匹でもテンションMAXなのに、パンダが50匹だなんて感涙です。
 
ynyoyaimage2.JPG  パンダ、いた!!
大人のパンダは、なるべく自然に近い環境で暮らしています。noaimage2.JPG
ここの施設は広大な敷地の中にあり、竹林の中の起伏の激しい細い道を進んで行きます。はぐれたら遭難しそうです(汗)。
ynyoyaimage1.JPG  大人になりかけのパンダ3匹。 1つのフレームの中に3匹もいるなんて・・・。
ここまでに何匹見たかしら??
まさにパンダまみれです。
 
パンダは「弓竹」という種類の竹しか食べませんが、野生では動物の肉も食べることがあるそうです。
熊ですからネ。
ynynyoyaimage2.JPG  仔パンダです。
何をしても可愛いです。ちょっと動くだけで大歓声でした(笑)。
パンダがいっぱいいることにも少々慣れた頃(なんて贅沢な!)、驚きの瞬間が・・・。
noaimage1.JPG   赤ちゃんパンダ!!しかも、いっぱい!!!
まわりの獣医師たちも、「ぎゃ〜〜っ!!!」と悲鳴のような感性を上げ、涙でうるうるでした。
すっかり獣医師研修であることを忘れ、ただの動物好きのおじさんとおばさんの集団になっていました。
抱っこしてミルクをあげたかったな〜。
 
iaiaessimage2.JPG

2017/8/8 火曜日

仔猫、里親募集

Filed under: 動物 — yumi-sensei @ 13:52:28

2012120503190000.jpg   広いところでのびのび寝たらいいと思うけど、本人たちはくっついて寝たいらしい。

2013082908170000.jpg  どこか触れてるだけでも安心だったり。

aeaeimage6.JPG  ほんのちょっと触ってるだけでもネ。

家族っていいね。

 

ossimage1.JPG  里親募集中です。

生後3ヶ月の女の子。片目が不自由です。

保護当初は衰弱していましたが、今はずいぶん元気になりました。

温厚な性格で、甘ったれさんです。他の猫や他の動物とも仲良くなれそうな子です。

iimage1.JPG   (うちの桜を見ても、片目のハンデはないと思います。)

面会大歓迎です。

ご連絡をお待ちしています。 159344.gif159344.gif159344.gif

2017/7/5 水曜日

全員巣立ったけど・・・

Filed under: 動物 — yumi-sensei @ 10:11:10

iaaimage1.JPG   昨夜、最後の2匹が巣立ち、全員新しい家族の元で暮らすことになりました。

遠方に引き取られ、もう会えない子もいますが、可愛がられ幸せに暮らしてくれれば、それだけで育ての母は本望です。

a2017062415430000.JPG  ちょっと会わないうちに、もうこんなに大きく可愛く育ったんですね〜。

出会った時はわずか60グラムしかなかったのに、感無量!!

aaaoimage1.JPG  この子も、もう1匹の下半身が立たないウサギさんも、それぞれ新しい家族の元で第二の生活を始めました。20121213_142350-1.gif

2匹とも穏やかな顔に変わり、とっても大事に育ててもらってることがわかります。

max0000004.gif  いっぱい甘えて、ちょっぴりわがまま言って、長生きしてネ!

それが、訳あって手放した「元飼い主さん」の心を救うことにもなるのでしょうから。

 

私は先を向かなくちゃ。

今、手の中にある小さな弱々しい命を育てること。

そして、新たに優しい飼い主さんを見つけること。

また当分、「ソファーで仮眠生活」になりました(笑)。頑張れ、私!ooyoimage1.JPG

2017/7/2 日曜日

またまた、仔猫

Filed under: 動物 — yumi-sensei @ 3:59:20

こんばんは(^^)

お休みの日は、格別に時間の流れが速い気がします。
もう眠くなってきたのに、まだまだやる事が山盛り残っています。

😖💦💦💦
今夜仕上がらなかったら、いつやればいいの〜😹

ともかく、出来るところまで必死に取り組みましょう。

またまた、仔猫の授乳が始まりました。
生後4日くらいのトーティのメスです。 少し衰弱しているので、気をつけて診ています。
🙀 年々、捨てられる仔猫が増えています。
保健所の引き取りが有料になったことも、その一因かも知れません。
大切な命を処分というカタチにしたくない、捨てる人に罪悪感を持って欲しい、と言う理由で有料化になったと聞きましたが、保健所に直接持ち込まれるケースが減っただけなのでは?と感じます。

また、休診日がない分、当院へ持ち込まれることが多いのかも知れません。
😭小さな子を育てるのは、時間もお金も体力も想像以上に使います。また、感染症予防対策にも気を使います。
本来の診療業務に支障が出ない様に、子育て頑張らなくちゃ!
里親探しができるようになったら、可愛い姿をご紹介しますネ。😻

2017/6/15 木曜日

里親の輪

Filed under: 動物 — yumi-sensei @ 0:01:07

yyayeimage4.JPG  桜のきょうだいのジュリーちゃん。姪っ子さんと仲良しなんですって!

aecid_9a2f8d54-a226-433a-9074-7e1c449d9370.jpg  まるできょうだいみたいですね〜。どっちも可愛いですネ!!

ジュリーちゃんも、同居のキュウちゃんも、病院で保護して里親さんを探した、いわゆる卒業猫ちゃんです。

幸せにして下さり、心から感謝しています。

そして、里親さんと仲良しにさせてくれた猫たちにも、感謝!!

iaaimage1.JPG  最後の1匹の白い女の子にも、絶対に最高の家族を見つけるぞ!

aaaoimage1.JPG  この子も、宜しくお願いします!!

 

草食動物に「クローバー」を与えたいというご相談を時々頂きます。

クローバーはビタミンCと食物繊維が豊富で、アミノ酸含有量も多く、お勧めの牧草の1つです。

特にチンチラ・デグー・モルモットのように、ビタミンCの需要率が高いのに体内合成が出来ない子たちには、ぜひ与えて欲しいと思います。

でも、クローバーによく似た「カタバミ」にはご用心です。

カタバミは口腔や胃腸の粘膜を荒らすことが知られていますが、シュウ酸塩も多く含まれています。

シュウ酸塩は腎疾患や尿石の原因になることがあり、カルシウムが体内に吸着するのを邪魔するので、骨そしょう症の原因にもなります。

ほうれん草を与えてはいけないと言われるのも、このシュウ酸の含有量が多いからですね。

カタバミとクローバー、間違えないように注意して下さいね。

dhssimage1.JPG  これは「カタバミ」です。

idhimage2.JPG   こちらがクローバーです。違いがわかりますか?

etheimage3.JPG   ついでに、我が家のミニトマト。もうすぐ食べられます(笑)。

caaoimage1.JPG  今日は母と麻陽の誕生日。お空に向かって「おめでとう!!」と言います。

HTML convert time: 0.182 sec. Powered by WordPress ME