2008/5/31 土曜日

お産、喜びと危険

Filed under: 学び — yumi-sensei @ 0:26:22

人間の病院では、昨年、お産を取り扱うのを止めた所が115ヶ所もあるそうです。

そう言えば、市立病院の産科受付に、「O月の出産予約は締め切りました」と張り紙がありました。施設・人材・採算・・・・色々と複雑な事情があるのでしょうね。予約にあぶれた人や、緊急事態に陥った人の受け入れは、どうするのでしょうか?

24年前、個人病院で長男を出産しました。破水して緊急入院した私に、「あなたの予定は来月でしょ、困るのよね」って看護士が言いました。 そんなこと言われて、私も困っちゃいました。いつ、何が起きるか、わからないのがお産です。

お産に危険が付き物なのは動物も同じです。この子の赤ちゃんが欲しい!と思う気持ちはよくわかります。母子の命を預かる覚悟と、お産と育児に関する知識を学ぶ心が必要です。

「おめでとうございます!」笑顔で見送れる時に、最高のやりがいを感じます。でも、あえて私は戌の日に腹帯をしませんでした・・・・。

 

2008/5/30 金曜日

父の木刀

Filed under: 生活 — yumi-sensei @ 18:34:40

昔々、神奈川から遠く離れ、青森の獣医大学に進学をして、一人暮らしをする娘のために、父が持たせた物は木刀でした。

当時、携帯電話どころか部屋に電話も付いていなかったので、もしもの時は、これで自ら身を守れという意味でしょう。

幸い、木刀を使うまでには至りませんでしたが、今現在も寝室のベッドサイドに控えています。父の心がこもった、大切なお守りですから。

2008/5/29 木曜日

夜の儀式

Filed under: 動物 — yumi-sensei @ 15:44:42

我が家には、ハムスターたちとジャービルたちがいます。

帰宅したら、真っ先にカゴをのぞいて、便と尿と食事の残量をチェックします。いつもと同じ状態だったら、安心して人間の世話?を始めます。

彼らの活動する夜になったら、改めてカゴの掃除をするのが日課です。砂浴び用ケースで遊んでもらっている間に、ケージ・水入れ・床を洗って、ハウスの中をきれいにします。ケージに戻す前に、全身を触って健康チェック。新しい食事と水を入れて、1匹3分で終了です。

長生きをしてもらうための、大切な儀式です。

この数日、明け方は冷え込みます。彼らのために、暖房を使っている我が家です。

 

 

 

 

2008/5/28 水曜日

どこでも夢の中

Filed under: 生活 — yumi-sensei @ 0:49:04

お風呂で、トイレで、椅子に座って・・・気づくと眠っています。

1年で一番忙しい時期を迎え、体力・気力をキープするために、体が無意識に要求しているのが睡眠のようです。

寝る時間が極端に短いので、白衣を脱ぐと気がゆるんで、睡魔に襲われます。家事の合間に、油断をすると寝ています。

 

2008/5/27 火曜日

お留守番警報

Filed under: 生活 — yumi-sensei @ 23:45:40

朝方涼しく、昼間にぐっと暑くなり、夕方から夜にかけて、また気温が下がる。そう、今時の気候は、動物たちにとって、とても厳しいものです。

汗をかかず、体温調節が苦手な動物たちは、大きな気温の変化に身体が反応しにくく、体調不良の原因になります。

動物たちのお留守番が多いご家庭では、天気予報は欠かさずチェックして、室温が高くならない工夫をお願いしますね。熱中症って、実は毎年6月9月に多いのです。

2008/5/26 月曜日

お弁当、いらない

Filed under: グルメ — yumi-sensei @ 0:18:39

「明日お弁当いらないよ」

高校生になった次男が、初めて学校の食堂で友人と食べると言いました。仲良しの輪が広がり、友人たちも新しい学校に慣れてきたってことですね。

明日の食堂初体験。何を食べるのかな?味はどうかな?

ずっと食堂でお昼ご飯になるのか、やっぱりお弁当に戻るのか。どうせパパのお弁当は作るから、たいして楽にはならない私でした。

 

2008/5/25 日曜日

小さな来客

Filed under: 動物 — yumi-sensei @ 23:49:57

わずか100グラムの小さな子猫を、ミルクで育てることになりました。神様からの贈り物です。

3時間毎の授乳は、確かに大仕事。でも、そんなこと苦にならないほど、安らぎと癒しを与えてくれます。小さいくせに重い命です。

へその緒が取れ、目が開き、大きなお腹を上にして眠ったり、甘えて噛んだり蹴飛ばしたり、ヨチヨチ歩くようにもなりました。もうすぐ歯が生えそうです。毎日、確実に成長していますよ。

でも、成長はお別れへのカウントダウン。自分で食事がとれる様になったら、私の役目は終わります。

ミルクを飲んだ後は、少しの間、膝の上で、いいこ、いいこって全身を撫でるのが私流の子育て。親が子供を舐める様に、大好きだよ、大きくなあれと心を込めて。

お別れした後は、乳母のことはとっとと忘れ、飼い主さんに大切に育ててもらえますように。

 

次のページ »

HTML convert time: 0.178 sec. Powered by WordPress ME